プレミアママの気まぐれ育児日記  〜E”cafe〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 幻想的な鵜飼・・・☆   〜船に揺られて・・・♪〜

<<   作成日時 : 2011/08/17 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

私と旦那、共通のお友達夫婦(M夫婦)が
岐阜県 長良川で行われる 『鵜飼』を見に行かないかと誘ってくれて
喜んで参加させてもらってきました


M夫婦の奥さんの実家で 船を一艘 貸切で予約してあるらしく
親族に紛れて 私たち家族も乗せてもらうことになったのでした


船の乗り場では まず鵜匠(うしょう)さんによる 説明が。


画像

              夕暮れ時で 逆光になってしまった 汗


現在残っている鵜匠の家は 6件で
本人の意思に関わらず 長男が必ず 
継いでいかなければいけないのだそう。


そのうち1件は なかなか男の子に恵まれず
5人目にして やっと長男が誕生したんだそうだ。


目の前に松明がくるので
その火の子で火傷をしないように 長袖の服
襟元も火傷をしないように よだれかけのような布を。


鵜が上がってくるときに 水に濡れてもいいように
ワラで編んだ スカートのようなものを履き
足には 草履を半分に切ったような履きもの。


独特な服装の説明や 鵜を実際にヒモで縛るとこを見学。


小さい魚はエサとして飲み込めて 大きな魚は飲み込めないように
加減して結ぶのが 一番難しいとのこと。


さてさて 説明を十分に受けたところで
船に乗り込む


画像



まだ明るくて 夕日が眩しい時間帯から
川上に向かって 船が進む


画像



子供たちだけでなく 私たち夫婦も初めての経験で
テンションが上がりっぱなし


船内では 宴会が始まる


おいしいお弁当に ビール ワイン シャンパンと
船に乗ってるから 揺れてるのか 
お酒に酔ってるから 揺れてるのか
よくわからないが とにかくいい気分であった


画像

                チビたちの後ろでビールをいただく 私☆


鵜飼が始まるのは 暗くなってからなので
それまでの時間を 船の上で景色を見たり
手を伸ばして川の水を触ったり
魚がいないか覗きこんだり
岸に上がって お気に入りの石を探したり・・・


画像



鵜飼が始まるスポットには 何艘もの船が岸に着岸して
宴会をしながら その時を待っているのだが
驚いたのは トイレ専用の船があったこと
トイレだけが乗っているのだ!


ちゃんと 男性用 女性用にわかれて
しかもエアコンも効いていて 水洗の洋式


なので 数時間 快適に過ごすことがでた


チビ達も なんとか川に落ちることなく 無事であったし・・・ 笑。


画像



M夫妻の 親族の方たちに 本当によくしていただいて
ついついお酒が進んでいまい 気がつけば周りは暗くなっていた。


ほろ酔い気分になったところで 鵜飼の開始


画像



目の前で 一番ベテランの鵜匠さんが 鵜飼をしている様子を
見ることができた


松明の激しい火の子を被りながら たくさんの鵜が
潜っては船に挙げられ 潜っては挙げられ
幻想的で 迫力満点の 不思議な光景であった


長男も次男坊も 何が行われているかは
よくわかっていなかったろうけれど
非日常のその光景に ず〜っと見とれていた。


6人の鵜匠さんが それぞれバラバラに鵜飼をした後
今度は 6人が横に一列に並んで
最後の追い込み漁を 見せてくれた。
 

画像



川の魚を 一網打尽にするらしい


松明の明かりが 川に反射して 不思議な光景。


画像



最後は 今日頑張ってくれた鵜を 船に挙げて
縄を解き 解放してあげる場面まで・・・。


昔と何も変わらぬ方法での 鵜飼漁。


子供たちがもう少し大きくなって ちゃんと理解できるようになったら
ぜひまた 連れてきてあげたい。


画像



この日 一人の鵜匠さんが 鵜飼で捕った魚は
大漁 大漁


素敵な 夏の夜の一日を過ごすことができて
M夫婦には 本当に感謝


来月には 一緒に旅行にも行くことになっていて
これからも たくさん楽しい思い出ができることであろう・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
長良川の鵜飼い。美味しそうなお魚がいっぱいですねぇ(^。^)
それにしてもトイレ専用船があるなんて驚きです! これで安心してビールやお酒が飲めますね。それよりも酔いすぎて川に落ちないようにしないといけませんね (落ちたときは鵜が助けてくれるのかな)

松明の明かりの幻想的ななかで、お酒も進んだことでしょうね =^_^=
よしお
2011/08/18 08:05
おはようございます^^
鵜飼ってポスターなどでお写真を見たことはありますが、その由来・方法などを聞いたのは初めてです!
プレミアママさんの臨場感あふれる記事を拝見し
私も不思議な雰囲気に引き込まれましたよ〜
昔ながらの方法で、大切に受け継がれていく技術
すばらしいですね
これからもずっと続けいていって欲しい
そして私たちもいつも見にいけたらよいなと思いました^^
Jill
2011/08/18 08:58
よしおさん

えぇえぇ、みなさんとても飲まれる方たちで、私もついつい飲みすぎてしまいました(笑)
なんとか、川に落ちることはなかったものの、トイレからの帰りで、自分の船に乗り込む時に頭を屋根に強打しました(汗)
気を付けてって、船頭さんに言われたばかりだったのに・・・。
とてもステキな光景でしたよ♪
プレミアママ
2011/08/18 22:56
Jillさん

写真ではとても表現しきれない、独特の雰囲気があり、引き込まれてしまいます。
鵜匠さんたちの真剣な表情や、船頭さんとの息統合した漁は圧巻です!!
船の角度や鵜匠さんたちとの距離によって毎年見え方が違うそうですが、今年は一番近くで見られて、大当たりだったようです☆
プレミアママ
2011/08/18 22:59
ぜひ私も見てみたいです。
テレビでは見たような気もしますが、かなりの
迫力のようですね〜。
鵜飼ってこんな風にするんですね。
最初の逆光の写真、とっても雰囲気でていて
素敵です。
ミッキママ
2011/08/19 17:08
ミッキママさん

迫力と緊張感と、なんとも言いようのない独特な雰囲気でした。
周囲のホテルもこの時間帯は照明を消し、鵜飼の松明が暗闇に浮かびあがって見えます。
プレミアママ
2011/08/19 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
幻想的な鵜飼・・・☆   〜船に揺られて・・・♪〜 プレミアママの気まぐれ育児日記  〜E”cafe〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる